プロフィール

ひみつNo.36464

登録 2018年4月25日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

カレンダー

前月 5月  
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

月間アーカイブ

2018年4月

カテゴリー 未設定

2018/4/25

 「お前、俺が初めて話しかけたとき

「お前、俺が初めて話しかけたときも戸惑ってた。そのくせそれが顔にでることもないから、なかなかお前との距離は縮まらなくて、さ」懐かしげに、ガイアの目が細められた。HKUE 傳銷 DSE――ステラにガイアを紹介されて、彼に初めて話しかけられたとき、たしかにサキカは戸惑っていた。何を言ったら良いのかわからず、ただ機械的に聞かれたことに答えていたのを覚えている。その会話が楽しいものだと気がついたのは、いつのことだったのだったか。「敬語を使うな」と言われてどうにか年相応の話し方を覚え、「『僕』だとなめられるかもしれない」と言われて『俺』という一人称を使い始めた。ガイアはいつも味方で、いつしか兄のような存在になっていた。「……そんなに内気だったのか、サキカは」アークの瞳が、サキカを見た。気まずい空気はいつの間にか消えている。「内気というか……、何言ったらいいのかわからないし、話しかけかたも距離感もわかんなくて、ちゃんと話せるようになるまでは時間がかかったんだよ」おそらく元が内気なわけではない。経験が不足しているだけなのだ。「……そっか」アークのその言葉を最後に、再び沈黙が訪れた。しかし、それは重苦しいものではなく、どこか心地好いものであった。それからまた暫くして、ユリアスとリリスが二人で起きてきた。「おはようございますっ」「おはよ」二人の挨拶にサキカたちは挨拶を返す。ユリアスはサキカの隣に座り、リリスは更にその隣へ腰をおろした。――リリスはマントを纏っていなかった。その代わりにサキカがあげたリボン――獣人の獣耳を見えなくさせ、幻の人の耳を見させる幻覚の魔方陣が描かれたリボン――で髪を結い、獣人の特徴である獣耳は姿を消していた。「今日はいつ頃訓練をするんですか?」一日数時間ほどしか参加しないサキカに、ユリアスが問いかけた。「今日も午前中、かな」特に行かなければならない時間が決まっているわけではない。しかしいつでも良いなどという答えを返しては、本当に用事があるのかと勘繰られてしまいそうだ。.

2018/4/25

 「お前、俺が初めて話しかけたとき

"When you first talked to me for the first time, I was too embarrassed, because that never came up on the face, the distance between you and me was not quite short," said Gaia's eyes narrowed. HKUE Deng DSE- Sakika was confused indeed when I was introduced to Gael on Stella and first spoken to him. I do not know what to say, I remember answering what I was asked mechanically. When was it that I noticed that the conversation was fun? I was told to use "honorifics", somehow I remembered the way to speak in English properly and started to use the first person "me" after being told that "I might be licking" I ". Gaia was always on the side and had become like an older brother. "... ... Was she so shy, Sakika?" Ark's eyes saw Sakika. The awkward air has disappeared unnoticed. "I was shy ... .... I do not know what to say, I did not understand how to talk to you or the distance, it took me a while until I could talk properly." Probably the former is not shy. It is only a shortage of experience. "... .... Soil" Silence again visited the last words of Ark. However, it was not a serious one, and it was something comfortable somewhere. Then a little while later, Julius and Lilith came up with them. "Good morning" "Good morning" Sakika returns greetings to the two greetings. Julius sat next to Sakika and Lilith sat down next to him. - Lilith was not wearing a cloak. Instead, the ribbons raised by Sakika - a ribbon with a magic square of hallucination that makes the beast ears of the beasts invisible and makes the ears of the phantom visible - ties hair and is characteristic of beast man The bare ear was disappearing. "When do you train today?" Julius asked Sakika, who participated only about a few hours a day. "Today too morning, Kana" The time to go especially is not decided. However, returning the answer that it is good at any time, it seems that you are being totally obsessed as to whether you really have business. .

2018/4/25

「あら、いらっしゃい」

「あら、いらっしゃい」店の奥にかけられた暖簾をくぐって現れたのは、70過ぎと思われる白髪の老婆であった。すみれ色の落ち着いた着物に、浅葱色の帯を締めた老婆は、物頭髮再生かで優しげな印象だ。目尻のしわが、彼女が若い頃からよく笑う人柄だったということを物語っている。老婆が口にしたのは、無論ジパング語で、サキカとガイアしか理解できなかったが、他の五人にも何となく意味は伝わったらしい。有舞はぺこりと頭を下げて、また並べられている商品を見始めた。「……なあ、サキカ」「ん?」ぼうっと櫛を眺めていたら、レイトに話しかけられた。顔だけそちらへ向ける。「昨日聞きそびれたんだけど、サキカって前に、刀左手で握ってなかったか? 昨日は右手だっただろ?」レイトは不思議そうな表情をしていた。刀の舞を舞うときに迷った末に右手で刀を握り、後から色々聞かれるだろうとは覚悟はしていた。「……俺は右利きだから」サキカに答えられることは、これしかない。まさか正直に、手加減と左手の訓練のために左手を使っていましたなどと言えるわけがない。刀の舞を舞うときに右手で刀を握っていたのは、単純に左手で刀を握って刀の舞を舞ったことがないからである。「それは知ってるけどさ」サキカがペン――主に学園で使っている羽ペンや万年筆――を持つ手も、昨日箸を手にしていた手も、右手だった。左利きが多い中で右手でペンを握ることは、クラスメートの間で右利きであると認識される程度には目立っている。「……これ以上は話せないんだ。ごめんね」――刀一つで敵を斬り伏せていく姿は、すでに文化祭の後夜祭の時に見せてしまっている。その上、それが手加減した状態だったなどということが知られてしまえば、お前は何者なのかと言われてしまいかねない。「そう、か……」「ごめんね。話せるようになったら話すから、それまで待っていてほしい」話す勇気ができて、彼らを守れるような力を身につけたときは、嘘偽りなく自らの正体を話す。それは、もう、サキカの目標の一つだ。その時に、彼らの近くにいられなくなっていても、彼らの元へと戻って話すつもりだ。.

2018/4/25

「……うん」 サキカは

"  「……うん」 サキカは片手で机の上の余った材料や使った道具を片付ける。その際ユニコーンの血の残りは、しっかりとガイアに返えそうとしたのだが、使わないからと突き返されてしま脫髮中醫た。 「……サキカが天才って、こういうことか。あのテストの成績からしてただ者ででないとは思ってたが」 アークは何故か呆れ混じりの視線を向けてきた。呆れられる理由に思い当たる節はない。 サキカが首を傾げると、今度は溜め息を吐かれてしまう。 納得がいかないサキカが口を開こうとしたら、男性が水が入った木製のコップを手に戻ってきた。 男性の息が乱れているところからして、相当急いで水を汲んできたのだろうということが見てとれた。 男性の急かすような視線を背に、ベッドで眠る女性――エリサの口に薬包紙を近付け、傾ける。魔法薬が全て口に入ったところで、今度はコップを近付けて女性が噎せないよう慎重に水を飲ませた。このような作業に慣れていないサキカは、女性の気管に水が入らないことを祈るしかないが。 幸い、どうやら上手くいったらしく、女性の喉がコクリコクリと動いて、水と薬を咽下した。 「……これでもう大丈夫です」 サキカが男性に告げると、男性はまた身体から力が抜けたのか、その場に崩れ落ちた。 「ありがとう、……ありがとう」 喜びの涙を流しながら、サキカの左手を両の手で包み込み、頻りに感謝の言葉を繰り返す。 「お母さん、助かったの?」 幼い少女は瞳を潤わせて、サキカを見上げる。 「うん。……――もう、大丈夫だよ」 サキカが目を細めて少女の頭を撫でると、少女は花が咲いたような可憐な笑顔を見せた。 「……結局、何だったんだい、彼女の病気は?」 一頻り泣いて落ち着きを取り戻したらしい男性は、サキカに問いた。 「毒、ですよ。彼女は毒に犯されていたのです」 女性の呼吸が安定し始めたのを確認して、ほっと息を吐く。 ."

2018/4/25

――――いつからだろうか。彼

"瞳と髪は土属性の色である茶色。しかし、唇が若干厚めなこと以外の特徴は魔法を使わずとも変えることのできる範囲のものであり、それらを変えられてしまえば彼が彼だと判断できなくなるだろう。 特徴の少な香港旅行社名單、例えて言うならば人気のない廊下ですれ違って挨拶を交わして次の日に声をかけられても誰だかわからないくらいに印象の薄い顔なのだ。 「この三人だけですか?」 「はい」 サキカが問うと、イヴからはしっかりとした肯定の言葉が返ってきた。 「――わかりました。あとはこちらで調べます。下がりなさい」 「承知しました。――失礼します」 イヴは頭を深く下げると、スッと立ち上がり、部屋を出て行った。 「さて……、どういたしましょうか」 小さく呟きを漏らし、暫く目を伏せて考えた末、ガイアに連絡をとろうと念話魔法を使用した。 ."