プロフィール

ひみつNo.36464

登録 2018年4月25日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

2018/4/25

「……うん」 サキカは

"  「……うん」 サキカは片手で机の上の余った材料や使った道具を片付ける。その際ユニコーンの血の残りは、しっかりとガイアに返えそうとしたのだが、使わないからと突き返されてしま脫髮中醫た。 「……サキカが天才って、こういうことか。あのテストの成績からしてただ者ででないとは思ってたが」 アークは何故か呆れ混じりの視線を向けてきた。呆れられる理由に思い当たる節はない。 サキカが首を傾げると、今度は溜め息を吐かれてしまう。 納得がいかないサキカが口を開こうとしたら、男性が水が入った木製のコップを手に戻ってきた。 男性の息が乱れているところからして、相当急いで水を汲んできたのだろうということが見てとれた。 男性の急かすような視線を背に、ベッドで眠る女性――エリサの口に薬包紙を近付け、傾ける。魔法薬が全て口に入ったところで、今度はコップを近付けて女性が噎せないよう慎重に水を飲ませた。このような作業に慣れていないサキカは、女性の気管に水が入らないことを祈るしかないが。 幸い、どうやら上手くいったらしく、女性の喉がコクリコクリと動いて、水と薬を咽下した。 「……これでもう大丈夫です」 サキカが男性に告げると、男性はまた身体から力が抜けたのか、その場に崩れ落ちた。 「ありがとう、……ありがとう」 喜びの涙を流しながら、サキカの左手を両の手で包み込み、頻りに感謝の言葉を繰り返す。 「お母さん、助かったの?」 幼い少女は瞳を潤わせて、サキカを見上げる。 「うん。……――もう、大丈夫だよ」 サキカが目を細めて少女の頭を撫でると、少女は花が咲いたような可憐な笑顔を見せた。 「……結局、何だったんだい、彼女の病気は?」 一頻り泣いて落ち着きを取り戻したらしい男性は、サキカに問いた。 「毒、ですよ。彼女は毒に犯されていたのです」 女性の呼吸が安定し始めたのを確認して、ほっと息を吐く。 ."

2018/4/25

――――いつからだろうか。彼

"瞳と髪は土属性の色である茶色。しかし、唇が若干厚めなこと以外の特徴は魔法を使わずとも変えることのできる範囲のものであり、それらを変えられてしまえば彼が彼だと判断できなくなるだろう。 特徴の少な香港旅行社名單、例えて言うならば人気のない廊下ですれ違って挨拶を交わして次の日に声をかけられても誰だかわからないくらいに印象の薄い顔なのだ。 「この三人だけですか?」 「はい」 サキカが問うと、イヴからはしっかりとした肯定の言葉が返ってきた。 「――わかりました。あとはこちらで調べます。下がりなさい」 「承知しました。――失礼します」 イヴは頭を深く下げると、スッと立ち上がり、部屋を出て行った。 「さて……、どういたしましょうか」 小さく呟きを漏らし、暫く目を伏せて考えた末、ガイアに連絡をとろうと念話魔法を使用した。 ."