プロフィール

ひみつNo.36464

登録 2018年4月25日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

2018/4/25

 「行きますよ!」 ─

「行きますよ!」 ──返事など期待していなかった。 しかし、背後からいくつもの力強い声が返ってきて、総帝は思わず口元を弛める。 頼れる仲間たち。彼らHKUE DSE共に戦うことができることを、誇りに思う。 セネルの背にしがみつけば、彼はますます速さをあげた。彼の背にのせてもらったのは、体力温存のためである。今後、どのような敵と遭遇するかわからないのだ。走ることは走ることが得意な彼に任せた方がいい。 彼の背で、総帝は刀を振るう。幼少の頃、彼の背に乗せられて、よく、山を、森を、駆けたものだ。無論右手にこの刀を携えて、生きるために動物や魔物を狩ながら。 武器を両手に脚のみで彼にしがみつきながらであっても、平地ならば容易い。森を駆け抜けるときとは違う。障害物が少ない故に、彼もあまり跳び跳ねたりする必要がなく、バランスがとりやすいのだ。 総帝が身体の重心を変えるだけで、セネルはその意図を読み取り、即座に方向転換をする。 絆とすら呼ぶことができるであろう強い心の結び付きがあるからこそ、できるわざであろう。 総帝──サキカは中央の国王陛下に使える騎士と呼べる立場も持っていながらも、馬に乗るよりセネルに乗った方が速いのだ。馬とプラチナウルフの能力差を鑑みても。.

2018/4/25

 しかし、レイトはふと笑んだ。それ

しかし、レイトはふと笑んだ。それは、いつもとなんら変わらぬ、能天気そうな表情。「お疲れ」「……はい」身体の強張りが解ける。彼はこんなサキカを受け入れHKUE DSEくれたのだ。総帝であり、最上級魔人をも殺す力を持つサキカを。何かが頬をこぼれ落ちる感触がして、慌ててそれを拭う。しかしながら、それは次から次へと流れ落ちていき、止まる気配はない。──彼と友人になれてよかった。そんな思いを、強く感じる。だが、長々とその感情に浸っている余裕はないのだ。瓦礫の山をどうにかしたいが、まずはガイアが先だ。彼を治療すれば、人手が増えるのだから。倒れ込んだままのガイアに近づき、膝をつく。彼は紅の目を閉じていた。眉間に深いしわを作り、荒い息を繰り返している。見れば、肩から腹にかけて、大きな裂傷があった。出血が緩やかなのは、彼が無意識に治癒力を高めようと傷のあるあたりに魔力を集めているからであろう。彼は火属性と闇属性という攻撃に特化した属性のみを持ち、使える治癒魔法は無属性のものだけである。それも、あまり効果は高くないのだ。この傷を受けてからすぐに意識を失ったのだろう。それ以外の傷は応急処置程度に癒されていた。彼の身体に手をかざして、詠唱破棄をする。「“パーフェクトヒール”」光属性最上級魔法“パーフェクトヒール”。淡い光が暗闇の中で彼の身体を包み込み、傷を癒していく。大きな裂傷も徐々に塞がり、サキカは安堵の息を吐き出した。.

2018/4/25

 扉での攻防戦は続く。

扉での攻防戦は続く。「何故だ!? 一度でいいんだ! 頼む!」「嫌だって言ったよね!? それよりなんでここに……」この男は、おそらくは東の国に住ん頭髮稀疏いる。しかし、なぜここにいるのか。訝しげな視線を向けると、男はニヤリと笑った。「君は冬也殿下と知り合いだったんだな」その一言で、サキカは全てに納得してしまった。この男。物事を見抜く鋭さと言い、隙のない立ち姿と言い、腰にぶら下げた業物らしき刀と言い、ただ者ではないとわかっていた。推測であるが、この男は皇族付きの武士か何かだ。冬也は視線でドラゴンすら射殺せそうなあの外見をしていながら、中身は悪戯──というより楽しいことが好きな男である。この男が何の拍子にか漏らしたサキカの話を聞いて、それがサキカであるとすぐにわかったのだろう冬也は、面白そうだとも思ったのかサキカが中央の国の首都にいることを教えたに違いない。そこからどうやってこの居場所を探り当てたのかわからないが、──この男の執念は凄まじいということだけはよくわかった。「サキカ……?」後ろからやって来たレイトが、サキカの行動を目にして首を傾げた。「レイト! 手伝って!!」サキカはレイトに助けを求めたが、言語がジパング語のままであったために更にレイトは不思議そうな顔になる。「なにしてんのよ」さらに後ろから現れた不機嫌そうな有舞がオルス語を話したことにより、ようやく自分が無意識にジパング語を話していたことに気がついた。「す、すみません。とりあえず手伝ってください」急いでオルス語で言い直す。説明するより今は男から逃げる方が優先だ。.

2018/4/25

 「お前、俺が初めて話しかけたとき

「お前、俺が初めて話しかけたときも戸惑ってた。そのくせそれが顔にでることもないから、なかなかお前との距離は縮まらなくて、さ」懐かしげに、ガイアの目が細められた。HKUE 傳銷 DSE――ステラにガイアを紹介されて、彼に初めて話しかけられたとき、たしかにサキカは戸惑っていた。何を言ったら良いのかわからず、ただ機械的に聞かれたことに答えていたのを覚えている。その会話が楽しいものだと気がついたのは、いつのことだったのだったか。「敬語を使うな」と言われてどうにか年相応の話し方を覚え、「『僕』だとなめられるかもしれない」と言われて『俺』という一人称を使い始めた。ガイアはいつも味方で、いつしか兄のような存在になっていた。「……そんなに内気だったのか、サキカは」アークの瞳が、サキカを見た。気まずい空気はいつの間にか消えている。「内気というか……、何言ったらいいのかわからないし、話しかけかたも距離感もわかんなくて、ちゃんと話せるようになるまでは時間がかかったんだよ」おそらく元が内気なわけではない。経験が不足しているだけなのだ。「……そっか」アークのその言葉を最後に、再び沈黙が訪れた。しかし、それは重苦しいものではなく、どこか心地好いものであった。それからまた暫くして、ユリアスとリリスが二人で起きてきた。「おはようございますっ」「おはよ」二人の挨拶にサキカたちは挨拶を返す。ユリアスはサキカの隣に座り、リリスは更にその隣へ腰をおろした。――リリスはマントを纏っていなかった。その代わりにサキカがあげたリボン――獣人の獣耳を見えなくさせ、幻の人の耳を見させる幻覚の魔方陣が描かれたリボン――で髪を結い、獣人の特徴である獣耳は姿を消していた。「今日はいつ頃訓練をするんですか?」一日数時間ほどしか参加しないサキカに、ユリアスが問いかけた。「今日も午前中、かな」特に行かなければならない時間が決まっているわけではない。しかしいつでも良いなどという答えを返しては、本当に用事があるのかと勘繰られてしまいそうだ。.

2018/4/25

 「お前、俺が初めて話しかけたとき

"When you first talked to me for the first time, I was too embarrassed, because that never came up on the face, the distance between you and me was not quite short," said Gaia's eyes narrowed. HKUE Deng DSE- Sakika was confused indeed when I was introduced to Gael on Stella and first spoken to him. I do not know what to say, I remember answering what I was asked mechanically. When was it that I noticed that the conversation was fun? I was told to use "honorifics", somehow I remembered the way to speak in English properly and started to use the first person "me" after being told that "I might be licking" I ". Gaia was always on the side and had become like an older brother. "... ... Was she so shy, Sakika?" Ark's eyes saw Sakika. The awkward air has disappeared unnoticed. "I was shy ... .... I do not know what to say, I did not understand how to talk to you or the distance, it took me a while until I could talk properly." Probably the former is not shy. It is only a shortage of experience. "... .... Soil" Silence again visited the last words of Ark. However, it was not a serious one, and it was something comfortable somewhere. Then a little while later, Julius and Lilith came up with them. "Good morning" "Good morning" Sakika returns greetings to the two greetings. Julius sat next to Sakika and Lilith sat down next to him. - Lilith was not wearing a cloak. Instead, the ribbons raised by Sakika - a ribbon with a magic square of hallucination that makes the beast ears of the beasts invisible and makes the ears of the phantom visible - ties hair and is characteristic of beast man The bare ear was disappearing. "When do you train today?" Julius asked Sakika, who participated only about a few hours a day. "Today too morning, Kana" The time to go especially is not decided. However, returning the answer that it is good at any time, it seems that you are being totally obsessed as to whether you really have business. .