プロフィール

ひみつNo.36464

登録 2018年4月25日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

カレンダー

  4月 次月
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

月間アーカイブ

2018年6月

2018年4月

2018年4月 月間アーカイブ

2018/4/25

――――いつからだろうか。彼

"瞳と髪は土属性の色である茶色。しかし、唇が若干厚めなこと以外の特徴は魔法を使わずとも変えることのできる範囲のものであり、それらを変えられてしまえば彼が彼だと判断できなくなるだろう。 特徴の少な香港旅行社名單、例えて言うならば人気のない廊下ですれ違って挨拶を交わして次の日に声をかけられても誰だかわからないくらいに印象の薄い顔なのだ。 「この三人だけですか?」 「はい」 サキカが問うと、イヴからはしっかりとした肯定の言葉が返ってきた。 「――わかりました。あとはこちらで調べます。下がりなさい」 「承知しました。――失礼します」 イヴは頭を深く下げると、スッと立ち上がり、部屋を出て行った。 「さて……、どういたしましょうか」 小さく呟きを漏らし、暫く目を伏せて考えた末、ガイアに連絡をとろうと念話魔法を使用した。 ."