プロフィール

ひみつNo.36464

登録 2018年4月25日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

カレンダー

前月 11月  
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

他ユーザー最新記事

メンズ特集:最大40%OFF Amazonクーポン情報一覧! ひみつNo.36476

アマゾンでお得ないいものがあるんだ!クーポンコードを入力して、50%OFFをすぐゲット! ひみつNo.36476

秋冬コスメプレゼントをおすすめ、失敗しないモノ選び ひみつNo.36476

秋冬コスメプレゼントをおすすめ、失敗しないモノ選び ひみつNo.36476

平成最後の「いい買物の日」、史上最大の限定セール!最大POINT16倍! ひみつNo.36476

平成最後の「いい買物の日」、史上最大の限定セール!最大POINT16倍! ひみつNo.36476

携帯代 ひみつNo.36483

いい感じ ひみつNo.36468

アマゾン店舗のおすすめ:絶対お見逃しなくお得な情報! ひみつNo.36476

オシャレさん必見!【51%OFFセールあり!】新着厳選ボードでAmazon店舗の好物のお得情報をゲット! ひみつNo.36476

秋冬のスキンケア大戦争!おすすめのスキンケアが過敏や乾燥対策に! ひみつNo.36476

秋も冬もマストアイテム!ルームウェアなどの快適な衣替えが最大10%OFF! ひみつNo.36476

通院日 yayu

【2018秋冬】秋から冬にかけて乾燥する季節におススメのハンドクリームが最大55%OFF! ひみつNo.36476

今すぐ取り入れたい!防寒ファッショングッズは最大50%OFF! ひみつNo.36476

花とデート:今週はロマンティックな情報をおすすめ! ひみつNo.36476

ピックアップページよりおすすめのアイテム:新品情報&セール品情報!30%OFFもあり! ひみつNo.36476

お引越ししました(-_-;) Cuckoo

「よぉ。」唐突に現れた隼人が景虎に声をかけ ひみつNo.36480

お得なキャンペーンシリーズ:クーポンや割引情報満載! ひみつNo.36476

2018/11/11

たっつんが眼を開けると、許松の連れてきていた供の物

たっつんが眼を開けると、許松の連れてきていた供の物が、炊いた米に干し魚を乗せただけの簡素な飯を格子の隙間から入れてきた。しかし、たっつんは動かない。その様子を見て、許松が、「HKUE 呃人ょっひょっひょ。どうした食っても良えぞ。腹減ったじゃろ?食わんのか?んん?」そう言って、格子の向こうから、たっつんの方を凝視してくる。たっつんは、再び瞑目しはじめた。「なんじゃ、乗ってこんか。ひょっひょっひょ。」許松はそう言うと、ザクッ。ザクッ。ザクッ。という音とともに、そこから去って行った。たっつんは、瞑目して座った姿勢のまま、その音が着実に遠ざかった事を確認すると、ガバッと飯に食らいついてガツガツと音を立てて食べ始める。(ふぅ。これ、キツイな…。いったい、いつまでかかるんだ…。)たっつんは、そんな事を考えながら、飯を食べ終わると、再び元の場所に戻り、座った姿勢で後ろ手に土を掘り始めた。

2018/10/19

「こらぁ!くたばり損ないがぁ!

<pre>
「こらぁ!くたばり損ないがぁ!年貢を納めるのは当然の事じゃろうがぁ!!」御侍様と呼ばれた男は、河原田本間家の武士だろう。痩せ細った老人を蹴り飛ばし、あばら家の中に入って行くところであ澳洲升學要求た。「…そ、そんな…年貢は…もう納めたじゃありやせんか…。そ、それまで持って行かれたら…ワシらは生きていけやせん…。」老人は武士を追いかけて、あばら家の中に入って行く。すると、すぐに老人が吹っ飛んで外へ弾き出され、「るせぇ!ワシら武士が命を張っておるおかげで生きておれるんじゃろうがぁ!!」との叫びが聞こえてきた。(ここも…ヒデェ…。)隼人が、この様子に、物陰から落胆の想いを強めていると、「おらぁ!働け!働けぇ!!」少し離れた、畑の方では、まだ5、6歳の子供が鞭(むち)で打たれて、労働させられていた。その子供は、身体中に痣(あざ)や傷が出来、片腕はダラリと下がったまま、残った手で必死に鍬(くわ)を振るっていた。
</pre>

2018/9/8

「…あれは…あの旗は、安宅…それと三好か…。今回は

「…あれは…あの旗は、安宅…それと三好か…。今回は数が多そうだな。」たっつんが言うと、「内乱の隙を突いたつもりなのでしょう。しかし、お陰で助かりましたな。」二人は思わぬ僥倖(dse lihkgょうこう)に助けられたが、結局島を出れない事は変わらない。この目の前の戦が、三日三晩でも続いてくれれば、島の反対側まで行って、泳いで渡るなどの選択肢もあるが、実際そんなに続かないであろう。「しかし、ワシらへの兵を全て下げるとは久秀もまだまだだな…。」たっつんが言うと、「先程の船からの指示。あれには、ワシらへの対処の指示もありました。指示が複雑過ぎて円滑に伝わらなかったのでしょう。」「何?!では、奴らは、こない命の掛かった戦場で馬鹿を丸出ししおったかぁ!はっはっは!」たっつんが大きく笑うと、「そうですな。」陳秀も笑っている。ひとしきり笑ったたっつんは、「ならば、またすぐ次の敵が来るな。その前に、全力を尽くしてくれた仲間達を葬ろう。今のワシがあるのは、彼らのお陰だ。」

2018/8/28

「んだぁー。かったりー。何で、こんな事せんきゃいけ

<pre>
「んだぁー。かったりー。何で、こんな事せんきゃいけねーんだよ。」たっつんが愚痴る先には、航海を終え、作業を手伝ってくれている才太郎の姿があった。「もやい網は、解いておかないと、次使え脫髮いからな。」「うーん。」喋りながら作業をする二人の方に、遠くから一人の若者が歩いてきた。めざとくそれを見つけた、たっつんが呟く。「げっ。あの野郎が来やがった。」あの野郎とは、たっつんに唾を吐きかけ、死ねと言い、航海の時にも船から突き落としてくれた、あの男である。たっつんの言葉に、才太郎も視線をそちらに向けた。「若様…」二人が視界にとらえていたのは、この志摩海賊の若様、九鬼浄隆であった。九鬼浄隆(くききよたか)。後に織田家の水軍を率いて、海賊大名の名を馳せる九鬼嘉隆の実兄である。すぐに、たっつんの方に戻した才太郎の顔は明らかに焦りが滲み出ていた。「マズイぞ。おしゃぁが言っとった相手は、若様じゃったんか?!」「あんな野郎が若だぁ?そんなんじゃぁ、次の代でさっさと潰されるぞ。」「阿呆!滅多な事言うな!」
</pre>

2018/4/28

そのくせ、いつの間にか、隼人の事を兄者と呼ぶように

<pre>
そのくせ、いつの間にか、隼人の事を兄者と呼ぶようになっており、自分から来る時は、兄者!兄者!とやたら煩いのである。終いには、口癖が、「兄者!買うてぇ~!」である。大体、竹千代の遊び相top up degree課程兼小姓として来ているはずなのに、その事をよくわかっていないらしい。基本的には、真っ直ぐな良い子で、竹千代を兄のように慕っていて、小姓としての仕事もするが、七之助によく怒られているところを見ると、(こりゃあ、ちょっと変わり者だな。)これが隼人の感想である。ONの状態の時の金兵衛からは、即逃げて、OFFの状態の時に構ってやるのが最近の隼人だった。しかし、隼人は保父さんな訳では無い。だが、年の近い、気の合いそうな者が周りに一切いなかった。今川の同年代の者達は、常識人ばかりである。(あんな、ありきたりの事してて何が楽しいんだ!少しは金兵衛を見習え!)これが、隼人の内心であった。
</pre>